いぼ治療

いぼ治療について

いぼ治療について

いぼは、意外と悩んでいる方が多く、また治りにくい病気です。
いぼは、ウイルスによって感染するものと、良性の腫瘍としてのいぼの二つに大きく分けられます。足の裏や手のひら、指にできるいぼは、ウイルス性のいぼであることが多く、特にお子様がプールで感染するいぼなどは、ウイルスによって伝染することもあるのでしっかり治療することが大切です。
ウイルス性のいぼのうち、足や手にできたいぼなどはもっとも治りにくく、1年ぐらいかかってしまうことがありますので、気長に治療していきましょう。基本的には液体窒素による治療を行っていますが、いくつかの治療法を組み合わせることもあります。
尖圭コンジローマという生殖器にできるウイルス性のいぼの場合には、保険適用の塗り薬があります。
感染しない良性腫瘍のいぼには、いわゆる首いぼや、頭や顔にシミのようにできるいぼがあります。首いぼは、無数にできていることもあり、見た目や生活の上での不都合が生じている方もいらっしゃいます。これら良性腫瘍のいぼは、取り除けば治療は終わります。治療方法としては、液体窒素のほか、直接切除を行ったりレーザーを使用したりする方法もありますが、治療によっては保険が適用されないこともあります。詳しくはお尋ね下さい。

根本原因を追究し
再発予防・治療の最適化を Contact

「薬を塗っても治らない」「何度も繰り返す」は皮膚科専門医できちんと診断、しっかり治療しましょう。
ビジネス街の中心に位置していることもあり、忙しい患者さまをなるべくお待たせしないよう
待ち時間の短縮に日ごろから努めています。

pagetop